2016年08月31日

3丁目でなく3T EYE

ロードバイクに付けるサイクルコンピューターをなににするか
迷いに迷った挙句こじらせてとんでもないものを買ってしまった。

2016-08-12 12.52.46.jpg

それがこの3T EYE

Cycling Expressで大幅に割引されてて気になったがとにかく情報がない。
仕方なく海外サイトを翻訳してみてたら3T EYEが3T目と訳されて
それがどうしても3丁目に見えてしまう。
そこまでしても得られる情報は極めて少ない。

わかったのはCATEYEのスマートシリーズ等と似た
スマホの専用アプリで画面表示させるタイプであること。
そのアプリがiOS用しかないこと。(Android版は1年以上Coming Soon)
取り付けは3TのステムARX Uのフェイスプレートを取り換えて付けるもの。
一応マウント部はGarmin Edgeシリーズと互換性があること。
センサーとの通信はant+
スマホとの通信はBLE

書いてて買った自分に呆れる。
今のセンサーはBLE也。

決め手になったのは他で見たことのないスマートブリッジモード
普通この手のサイコンは
スマホアプリで情報を集めてそれを表示するモードと
スマホ無しにセンサーとサイコンだけで動作するモードの
二種類の動作をするものばかりだと思うが
(Cateyeでいうところのミラーモードとセンサーダイレクトモード
3T EYEだとスマートホンモードとバイクモード)
コイツのスマートブリッジモードではサイコンでant+の情報を拾って
サイコン自体がBLEセンサー然としてスマホに認識される。

利点は専用アプリでなくてもセンサーとして認識できれば使えること。
ミラーモード系のサイコンではサイコン本体より
サイコンメーカー謹製のアプリが悪い評価を受けることが多いので
そこを信頼できる他のアプリを使えるのは強みじゃないか?

続きを読む
posted by げってん at 16:46| 大分 ☀| Comment(6) | Bike(自転車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする