2016年08月31日

3丁目でなく3T EYE

ロードバイクに付けるサイクルコンピューターをなににするか
迷いに迷った挙句こじらせてとんでもないものを買ってしまった。

2016-08-12 12.52.46.jpg

それがこの3T EYE

Cycling Expressで大幅に割引されてて気になったがとにかく情報がない。
仕方なく海外サイトを翻訳してみてたら3T EYEが3T目と訳されて
それがどうしても3丁目に見えてしまう。
そこまでしても得られる情報は極めて少ない。

わかったのはCATEYEのスマートシリーズ等と似た
スマホの専用アプリで画面表示させるタイプであること。
そのアプリがiOS用しかないこと。(Android版は1年以上Coming Soon)
取り付けは3TのステムARX Uのフェイスプレートを取り換えて付けるもの。
一応マウント部はGarmin Edgeシリーズと互換性があること。
センサーとの通信はant+
スマホとの通信はBLE

書いてて買った自分に呆れる。
今のセンサーはBLE也。

決め手になったのは他で見たことのないスマートブリッジモード
普通この手のサイコンは
スマホアプリで情報を集めてそれを表示するモードと
スマホ無しにセンサーとサイコンだけで動作するモードの
二種類の動作をするものばかりだと思うが
(Cateyeでいうところのミラーモードとセンサーダイレクトモード
3T EYEだとスマートホンモードとバイクモード)
コイツのスマートブリッジモードではサイコンでant+の情報を拾って
サイコン自体がBLEセンサー然としてスマホに認識される。

利点は専用アプリでなくてもセンサーとして認識できれば使えること。
ミラーモード系のサイコンではサイコン本体より
サイコンメーカー謹製のアプリが悪い評価を受けることが多いので
そこを信頼できる他のアプリを使えるのは強みじゃないか?

2016-08-12 12.51.32.jpg

Cycling Expressで¥4999だったが送料無料の壁が2万と高すぎて
送料¥1390足して¥6389で購入。

2016-08-12 12.57.05.jpg

日本語のないマニュアル等、本体+CR2032電池、
専用のARXU用フェイスプレート、Bar Fly 2.0(マウント)

2016-08-12 13.02.31.jpg

他所で注文したマウントが届かないので
とりあえずフェイスプレートを利用して仮止め。

今使ってるPanoBike Speed & Cadence Sensorが
BLEかつ信頼がおけないのでant+のセンサーを新たに購入。
こいつもなかなか届かないので
お休みしてたiPhone5cに3TCyclingアプリを入れて
スマートホンモードで使ってみる。

まずセッティング

写真 2016-08-31 11 42 13.jpg

Auto pauseはRuntasticでうまく動作せず切ってたので
このアプリでも切ってみる。
STRAVAにアップしたら
止まってる部分カットしてくれるのでそれでOK

USER SETTINGは自分の身長体重生年月日等入力

写真 2016-08-31 11 45 11.jpg

PROFILESはバイクの重量等入力と
各種センサーとのペアリング

写真 2016-08-17 22 25 42.jpg

CLOUD SERVICESは他のサービスとの連携
自分はSTRAVAとだけ連携してそちらにも自動でアップしてもらう。

2016-08-31 11.40.53.jpg

あとはアプリを立ち上げて3T EYEの●ボタンを押せば
自動でペアリングして表示される

マウントは2ヶ所あるが手前にするとピッタリフィット

休憩が長くて画面がオフになってると●ボタン押さないと
表示を再開してくれないみたい。

数値の表示は速度ともう一つしかない。
自分は時計機能が欲しかったので
ボタンで切り替えないと他のデータが見れなくちょっと不便。

2016-08-31 13.41.18.jpg

起動時の画面を見るとまだ見たことのない
表示もあるなあ、なんだろう。
真ん中あたりの横線はハートレートだった。

まだ6回しか使ってないが今のところ大きな問題はない。


ant+センサーが届いたので期待のスマートブリッジモードを試す。

Screenshot_20160831-135334.jpg

STRAVAを立ち上げてペアリング
サイコンはcoachsmartと表示されてる。

使ってみるとまず時計表示がなくなってるのに気づく。
時計はスマホの時計を表示してただけで
サイコン自体に時計はなく
このモードでも時計表示はしてくれないようだ。

パワーメーターはついてないのにずっと-1wと記録される。
サイコン代わりのアプリだと大抵計算上のワット数が表示されるが
それすらも許されず。

途中休憩などでスリープすると
そこまでのサイコンの記録がリセットされちゃう。
スマホのアプリではちゃんと計測し続けてるので
帰ってから記録を見る分には問題ないが。

結論スマートブリッジモードで使うのはつらい。

Androidメインな俺にずっとComing soonなAndroid Appを早くくれ!
話はそれからだ!(永久に出ない気がする)

というわけでiPhoneとant+センサーと3TのARXUステムを持ってる人は
シンプルで毎日充電の必要のないこいつをサイコンの候補としていかがかね?
(超限定的だな〜)

追記
後で気付いたがiPhoneをハンドルにマウントしたりポケットに入れたまま
アプリでログを取ってるだけの人でも十分買う価値あるね。

posted by げってん at 16:46| 大分 ☀| Comment(6) | Bike(自転車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
iphoneと連携して使いました。
活用方法はあるみたいですがこれから考えます。
パワーメーターと心拍数をiphoneで大きく表示できるのでそこはいいです。ガーミンもいいけど表示が小さすぎて見えません。
Posted by 私も買ってしまった at 2016年10月05日 12:56
>私も買ってしまったさん

ガーミンも持ってるんでしょうか?
いい方を選んで使えるのはうらやましいです。
マウントが共通なのがいいですね。
Posted by げってん at 2016年10月09日 17:16
はじめまして。貴重な記事をありがとうございます。ストラバへアップロードをすると走行ルートも表示されるのでしょうか?GPS内臓型ですか?
Posted by ちょろん at 2017年09月11日 14:34
>ちょろんさん

GPSは内蔵されてませんiPhoneで専用のアプリ(3T Cycling)で計測した物を表示するものです。
そのアプリで設定してやればSTRAVAへ自動でアップすることもできるし走行ルートも表示できます。

スマホ無しではログ取れないし、iPhoneの専用アプリを使わない方法は記事の通りお勧めしかねます。
Posted by げってん at 2017年09月11日 18:06
ご返信ありがとうございます。
走行中にアプリを起動せず、走行後にアプリに接続しログを取ることは可能でしょうか?
情報が少なく質問ばかりで申し訳ないございません。
Posted by ちょろん at 2017年09月11日 21:48
〉ちょろんさん

アプリを起動しないとログは取れません
Posted by げってん at 2017年09月11日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: